「宗教」そしてそこにある「依存」とは何でしょうか?


「わたくし、ミカエルがお答えいたしましょう。


人々はなぜ宗教を恐れるのでしょうか?

本来、信仰というものは神聖であるのです。


世の中に力のある宗教という名の団体は本来の信仰の姿ではありません。

イエス・キリストの教えがねじ曲がったエゴに支配された黒魔術であるのです。


ですから恐れが湧き上がるのです。


本物の信仰とは安らぎと癒しが起こるのです。


恐れからくる信仰は恐怖を倍増させ、その膨らんだネガティブなエネルギーをエサに悪魔たちに取り憑かれし人間がエゴの私服を肥やすのです。


そこに平和はありません。

安らぎも存在しません。

恐怖を取り除くための信仰は信仰といえない偽りの姿なのです。


本来の信仰とは幸せになるための多くのメゾットを含めた自己啓発なのです。


宗教に依存するのは恐れからです。

洗脳状態の中で自分が洗脳されているも気づくサインは居心地の悪さ、違和感、不幸、不安、という感覚です。


この感覚をもつ環境、人つきあいがあれば洗脳されている可能性があります。


本来は自由であり、解放であり、喜びしかないのです。


本質に触れた時、依存はなくなります。

それまで依存していいのです。

依存を悪く言わないで下さい。

依存したあなたが可哀想です。

依存するほど大変な想いをしてきた自分を褒めてあげてください。

よく1人で頑張ってきたね、と抱擁してあげてください。


依存してお金をつぎ込むことは悪いことではありません。その時のあなたには必要だったのです。


もう必要がなくなったから、依存から抜け出したのです。


ご苦労さまと自分をねぎらい、騙された自分を許して下さい。騙されても、あなたにはそれが必要だったことを認めて許してあげてください。


これからは不安からではなく幸福のために動くのだと自分に宣言することで、よりよい未来を造り上げることができるのです。


そして本来の信仰を取り戻しましょう。

神々と触れ合う喜びを味わい、たくさんの幸福に包まれましょう!」

アカシックレコードより。

虫はメッセンジャー。
意味の無い虫などいない。

・カメムシ
カメムシは自ら嫌われ者を演じている。敵を払うため、匂いを出すことで嫌われている。彼らが現れる時、敵を払おうと必死になりすぎていないか、また自ら嫌われるような事をしていないか。カメムシ多い所に嫌われ者がいる。

・蛆虫
浄化。自ら臭いものへ飛び込み浄化する。ハエが多い所はネガティブエネルギーの浄化が必要な所。

・ゴキブリ
負の住人。彼らを毛嫌いするのは自分自身のネガティブな一面を毛嫌いしている。風通しを良くし、掃除する。家も心も。

・蚊
エネルギーを吸収する。置き土産を置いて。よく刺される人は誰かにエネルギーを吸収されていたり、分け与え、サイキックされている。

・ノミ
不快な感覚を与える上に卵まで落とされる。しつこいものがいる

・マダニ
居ないふりをしてエネルギーを横取りしている存在がいる。さらに攻撃をしエネルギーを吸っている相手がいる

・ヒル
狙われている。エネルギーを欲しがる相手がいる。大量にもっていかれる

・ハチ
権力。横暴をふるうとやられる

・毛虫
無害。ただし「気持ち悪い」と罵ると刺される。毛虫は蝶(蛾)になる。変身を現す。美とは何かの真実をみせる。変化とは何かを教える変わった虫。

・カマキリ
ハンター

・アリ
組織

・クモ
使い。彼らのエネルギーは強く人を動かす力がある。見えない糸はエネルギーを表す

・セミ
騒音。夏の時期、人をピリピリさせる音をわざと出す

・カブトムシ
力士のような力の象徴

・クワガタムシ
カブトムシの陰の存在。この2種類は互いに人に力を与えるために進化した

・カミキリムシ
害虫。いい所がひとつも無い。哀れな人を指す

遥か昔、地球が青の世界だった頃。
宇宙の原子、小さな光が降り注ぎ、虫の卵も注がれた。

初めに虫の卵は海で誕生した。

地球には虫たちを育む栄養がたくさんあった。

虫たちは爆発的に数を増やし、多種多様に進化していった。

虫たちの繁殖能力と進化のスピード、適応力は宇宙一と言われている。

栄養豊富な地球という星で彼らは海から陸へと進出した。

植物たちと虫たちは協定を結んでいる。お互いの繁栄の為に手を組んでいる。

虫たちは地上でも凄まじい適応力をみせ、数を増やしていった。地球は虫たちを歓迎した。彼らのお陰で潤うから。

地球の住人の一部であり、大切な家族の一員として迎えいれた。

地球産の虫もいれば宇宙産の虫もいる。
宇宙から完成系を放たれた虫も存在している。
地球で産まれた虫、さらには宇宙をさ迷い地球に飛来し孵化し、数を増やしたものもいる。
クマムシのように。

今も虫の卵は地球に降りてきている。

宇宙には巨大な昆虫も存在している。しかし、地球では小さくなった。

宇宙の至るところに虫は存在している。彼らがいない星などいない。という程に、彼らの生命力と繁殖能力は凄い。

多くの虫たちは陸に進出した時に地球での適応した完成系の体を手にしたので恐竜時代とさほど変わらない。

虫は宇宙からもたらされた宝物なのだ。

↑このページのトップヘ